手袋職人ブログ

カテゴリ: 革手袋の修理

今日から9月、朝晩はだいぶ涼しくなってきました。
田んぼも畦道を歩いていると、秋虫の鳴き声もチラホラと聞こえて来る季節となりました。

手に汗する夏場、グローブの傷みも激しいのか、この季節は修理依頼も多くなります。

定番の掌底部の傷みと、親指の付け根が裂けていますが、
甲側はまったく綺麗ですね。

手袋の修理やリメイクについてのお問い合わせは、こちらへ
image
image
image
image
image
オーダーメイドのお問い合わせ、CACAZANグローブのお買い求めはCACAZAN HP

┌─────────────────────────────┐
CACA-ZAN イズイシ手袋   http://www.caca-zan.net/
└─────────────────────────────┘
店舗名: CACA-ZAN イズイシ手袋
住 所: 〒761-0902 香川県さぬき市大川町富田中2024-1
電 話: 0879-43-5676 FAX:0879-43-5675
メール: cacazan.tebukuro@gmail.com

手袋職人ブログ http://tebukuro.livedoor.biz/
Facebook https://www.facebook.com/CACAZAN

使用期間3年半

まだ、革が裂けているような箇所はありませんが、少し硬化してきている箇所を、穴が開く前に補修です。

結構、汗も多いのか、裏地の染料が抜け落ちてますね。
image
image
image

むむむ・これはかなり酷い!
手汗が多い方なのか、裏地も脱色しています。
革も若干硬化気味で、寿命も長くなさそうですので、最低限の修理を提案させて頂きました。
image
image
image
image

約一年、毎日酷使されたドライビンググローブの修理依頼です。

集中的に傷む箇所は皆さんほぼ同じです。
image
image
image
image
image
image
image

5年半前にご注文頂いた、フルフィンガードライビンググローブの修理のご依頼です。

右手の指マチの部分が裂けていますが、年数も経っており全体的に油分が抜けて革も粘りが無くなってきておりますので、無駄な費用をかけず修理も最小限でさせて頂きました。

次回、傷んだ時は、新調された方が得策かと思います。

ありがとうございました。

image
image
image
image

ドライビンググローブの修理ご依頼です。

マイナーチェンジ前のモデルで、数年経過してるものと思われます。

甲側の傷みは皆無です。
image
親指の付け根が裂けていますが、このパターンは、この部分がネックですね。
あと、ハンドルが一番当たる掌部分も穴が空きかけています。
image
image
image
あらら、修理していて気づいたのですが、サイドのメッシュマチも裂けておりました。
ここは、パーツ交換ですね。
image
どうですやろ?
全体的に革の硬化が見られるので、次傷んだ時は交換時期かと思います。
image
image

革手袋が傷む最大の原因、それは汗です。
ドライビンググローブのように季節関係なく使う手袋は、汗による劣化を防ぐことは出来ません。

そんな傷んだグローブの修理も弊社では承っております。
尚、傷みが気になるようになりましたら、お早目の対処をおススメいたします。

修理、アフターフォローもお気軽にお問い合わせ下さい。

オーダーメイドのお問い合わせ、CACAZANグローブのお買い求めはCACAZAN HP

image

image
image
image
image
image
image
image
image