手袋職人ブログ

カテゴリ: スキーグローブ

昨年大晦日、鳥取では記録的な積雪でスキー場で事故が起きたり、1000台にも及ぶ車の立ち往生などもあったり、
果たして今冬は寒冬なのだろうか?
兎にも角にも、スキー場運営者は胸をなで下ろしていることでしょう!

さて、今冬始めてのオーダーメイドスキーグローブです。
宮城県のスプリングバレー泉高原スキー場でスタッフをされている方からのオーダーです。
もう10年前だと思いますが、このスキー場にも2回ほど営業で行った事があります。

DSC_0501




新春 鈴鹿ゴールデントロフィーレース出店します!
■開催日程
2011年1月16日(日)
header2011

いや〜
バンクーバーOPにうかれてたら、2月も残すところもう9日。
春の兆しも肌で感じます。

ネタ的にはシーズン終盤でフレッシュではありませんが、
スキーグローブの話。

今では少なくなった革製のスキーグローブ。
手がけて20年以上。一番得意とする分野の手袋です。

その革製スキーグローブを昨シーズンから取り扱い頂いているショップさんがあります。

白馬のBOOTS TUNEUP500マイルと言うスキー専門店です。

極小数ですが販売していますので、白馬へ行った場合は是非ともお立ち寄りくださ〜い!
売り切れ必至ですぞ(笑)

ちなみに、手裁断のフルハンドメイドです。

DSC_0351

今日から仕事始め。
まぁ、ぼちぼちですが、
正月ボケにならぬよう今年は早めの始動です。

新年早々のオーダーは、
産まれつき両手の指が4本という障害のある御子さんをお持ちの方からのご注文です。
手袋のカテゴリー的にはスキーグローブですが通学とかに使われるようです。

手形と採寸の数値を元にパターン起し。
指又の切れ込みも左右各指とも違っています。
(手の写真も送って頂いていますが、個人情報のため割愛させて頂きます。)
DSC_0309

左右差があるので両手のパターンを作りました。
このパターン起しが完璧かどうかで、作品の良し悪しが決まります。
防寒手袋なので、もちろんインナー(裏)のパターンも作りました。
DSC_0312

最初、オール革製でと考えましたが、雪遊びにも使うと言うことなので、防水性を重視して甲側に防水生地を使いました。
DSC_0315

掌は、操作性・耐久性を重視して防水加工の牛革を使っています。
DSC_0316DSC_0314













追伸
後日、オーダー頂いた方からご連絡がありましたが、
サイズもぴったり合ったようです。
直接フィッティングしたわけではないので私も不安でしたが、
作っているうち「これはいけるのでは。。。」との予感がありました。
ま、ファーストモデルがダメでも、これを元にセカンドモデルも考えていましたので、一発で決まり安心しました。

 CACA-ZAN イズイシ手袋では、このような障害者用の手袋も創る事が出来ます。お気軽にご相談ください。
------------------------------------------------------------- 
 CACA-ZAN イズイシ手袋
 761-902
 香川県さぬき市大川町富田中2024-1
 0879-43-5676
 CACA-ZAN HP http://www.caca-zan.com/

今シーズンのスキー場積雪情報が気になるこの頃。
各スキー場のライブカメラを見ながら、積雪の具合をチェックしたりしていますが、
そこには、赤茶けた草原が広がっていたりします。
また、各スキー場ではスキー場開きなども行なわれていますが、
なんとも、雪の無いゲレンデ行なっている姿はあまりにも哀れと言うしかありません。
あ〜

今年暖冬なのか〜


さてさて、そんなスキー場向けのスタッフ用グローブを現在必死こいて製作中www

ちなみに、これは富良野スキー場からのオーダーですが、
昔ながらのオール皮革製のスキーグローブで、耐久性を良くするため補強部分を強化したモデルです。
もう、10年以上のお付き合いだけど、良い物は良いと認めてくれてるから、
スキー場不景気の中にあっても、オーダーを頂いております。

今日現在、富良野スキー場の積雪は80cm
ここのところ、日々積雪は増えているようで、早く仕上げないとスタッフの方々に迷惑がかかると頑張っております。

IMGP1114




手袋の縫製において全ての工程を私は出来ますが、
一番得意なのが、このボックス型のハギ付け工程です。
甲側もハギも、どちらも皮革製なので、裁断した部位により伸びる所があったり、伸びない所があったりします。
そんなパーツを、指先の感覚で瞬時に感じ取り長さを調整しながら縫い合わせていきます。
縫い代は2mm弱、長年の経験がモノを言います!