高校卒業後、地元手袋メーカーへ勤めていた時代、
冬場だけ浅草橋にある問屋デパートに営業で来ていました。
その時に会った、東京の手袋メーカーの青年が凄く印象的だったのを昨日のように思い浮かびます。

今で言うならジャニーズ系?

背が高く、髪は肩まで伸ばして、
また営業トークも素晴らしい!

ど田舎の少年には衝撃的な出会いでした。

それから30年以上の時が過ぎ。。。

お会いしてきました。。。

「変わったなぁ〜」 そらそうだ毛がない。。。
「お互いですね」

でも、風貌は変わってなく、今もアクティブな感じがひしひしと感じ取られ、
兄キのような存在は今も変わらずと言った感じでした。

30数年ぶりに再会して、
なんやろ?
なんかずっと細い糸で繋がっていたような気がして凄く嬉しかった!

その方の会社は、今も手袋をはじめブライダル系の商品を企画・製造・販売されています。

その後、雷門近くでお客様とオーダーの打ち合わせ。
私が東京へ行くと言うので、わざわざ来てくれました。
H様ありがとうございました。

最後に訪れたのは、
取引のある革商社さん。
実は会社に行くのも初めて、社長に合うのも初めてでしたが、
「一度お会いしてますよね?」と社長
「いや、初めてです」
人柄の良さは電話で話すときに感じていましたが、お会いして思った通りの方でした。

まぁ、ここも面白い革がてんこ盛り。。。
koro1

特のこのクロコ
日本のタンナーが鞣しているのですが、
質がとても良いので、あのLouis Vuittonもこのクロコを絶賛、買い付けているようです。

これ使って手袋創ったら
まぁ凄いモノが
koro3