いままでの人生で一番苦しい時を過ごしてきました。(たぶん)

以前から、サッカーの体力維持のために走っていて、試しにマラソンレース(12k)に出たのが2年少し前。
その後、ハーフを2回と10k・12kと短いレースを数回走ったのみ。
当然、練習でも長い距離は走った事もない。
実は、長い距離を走るのは興味もないし走りたくないのが本音。今も走っているのはサッカーのため。

そんな私が、32kのトレランレースに参戦。
当初、後輩からは「それは〜フルマラソンの倍くらいしんどいですぜ!」
と脅しの言葉が。。。
また、前日に鏑木さんの話では、累積標高2400mで、日本山岳レース「ハセツネ」にも劣らないタフなコースだとか。。。

そんなんで、ビビリながら当日を迎えたわけですが、
まぁ、予想通りタフなコースで、
越えても越えても立ちはだかる山に呆然。
23kキロ地点のエイドまではどうにか走れたが、
残りの9kは撃沈。上りどころか下りの走れない状態に。。。

でも、どうにか制限時間内にゴールすることが出来、
いままで培った遊び人パワーもまんざらではないなと実感したレースでした。(笑)

PS:レースの前夜祭からレース当日に至るまで、日和佐の人たちの熱烈なる歓迎で、楽しく走りきるが出来たとおもいます。ありがとうございました。
090125-124251













023早朝6時10分、ロングの部スタート








0279km地点のエイドステーション、
まだまだ元気です。







028途中、鏑木さんとすれ違う。








029標高400mの山を登って降りて登って降りて







032雄大な千羽海崖