サンプル4
サンプル5
サンプル6








今までいくつのサンプルを作っただろうか??
型紙を起こしては試作、型紙を起こしては試作とミリ単位での変更を繰り返しながら、
納得のいく物が出来るまで続けてきた。
型紙もどれがどれやら分からなくもなってしまいそうである。
どこかで「妥協しろよと」
悪魔の囁きが聞こえるが、この作業は絶対に手抜きが出来ないところなんだよなぁ〜

これまで、いくつものメーカーの手袋を縫ってきたが、
中にはとんでもない原型も
「こんなの縫えるかー!!」
「まったく合わないやんけ〜〜」
と言うのもあった。

長年の経験からいくと、
良く出来た原型は縫いやすくて仕上がりも綺麗なのである。
だから妥協できないのである。