手袋職人ブログ

2009年10月

今日は朝から模様替えをしました。

手袋を作るのに皆さんはどういったマシンを使い、どんな行程で出来上がっていくか想像も出来ないと思います。

いま僕がメインで使っているミシンは、
行程別に3・4種類のミシンを使い分けています。
あと、油圧裁断機もありますが。。。

1双の手袋を作るのに、あっち行ったりこっち行ったりするわけですが、
効率UPにために出来るだけ動線が少なくなるようミシンを配置しています。

でも、いつもかも同じ配置では刺激がないというか、
たまには気分を変えたくなる時もあります。

で、朝からミシンの配置をいろいろとやってたわけですが、

そこに、ドドドドドド・・・・と三拍子の音が

関西方面からわざわざお越し頂きましたが、模様替え中のためしっちゃかめっちゃかで申し訳ありませんでした。

グローブのお買い上げどうもありがとうございました。
IMGP0935
IMGP0932
banner_swap2009
お台場スワップミートに出店します。

TAKA−004のカスタムモデルのオーダーです。

TAKAモデルは全て鹿革で作られていますが、
牛革で創って欲しいとのご依頼でした。

オイル浸透の防水牛革仕様に、
見た目は殆んど変わりませんが、鹿革モデルと比べてみると質感、着け心地、全く違うグローブに仕上がっています。

このように、素材で手袋は全く違う物になります。
でも、これも面白いですね。

 参考価格 18,900円(税込)
 ※価格は素材の市場価格により変動します。

IMGP0696


banner_swap2009お台場スワップミートに出店します。

TAKAモデルのカスタムでオーダー頂きました。

革は、オイル浸透ステアハイド。
牛革でもオイルを多く含ませることによりとても柔らかく仕上がっており、操作性も抜群です!
甲側にはスイス製ririファスナー(12cm)は斜めに配置。
開口部が大きく着けやすく。
ファスナーを閉めるとピシッとフィット感があります。

 参考価格 21,000円(税込)
 ※価格は皮革価格の変動により変わります。
IMGP0697


banner_swap2009お台場スワップミートに出店します。

ここのところ画像だけの全くおもろないブログになっております。
忙しいというか、ただ怠けているだけというか
やっぱり、ただ怠慢なだけ。。。(笑)

彼女へのプレゼントにオーダー頂きました。

TAKA−004
の刺繍ネーム入りカスタムモデルです。

DSC_0097

banner_swap2009
お台場スワップミート出店します。

大阪のアパレル系の会社からオーダー頂きました。

革はエチオピアシープ。
肘までの長さでタイトな仕上げに、

思いっきりタイトにすると、手が手首部分でつかえて入らないので、
手首部分にファスナーを装着して手入れをし易くしてみました。

あと、ファッションショーで長身細身の外人モデルさんが着けるという事で、
サイズに問題がありましたが、一度サンプルを試着していただいてから、本番製作にかかりました。

DSC_0092























banner_swap2009お台場スワップミートに出店します。