手袋職人ブログ

2007年07月

湯原温泉1湯原温泉2







レース30分のためにわざわざ鳥取まで来て帰るものバカらしいので、
帰り道に湯原温泉に寄ってみた。

スキーの帰りに何回か寄り道した事はあるが、
真夏の露天風呂となると、「それって、どうなの?」

このクソ暑い日に露天風呂に入っている人っているのか〜?

興味津々、覗いてみると15名ほど入っているではないか

何事も経験入ってみたが、
思っていた通り「熱い!」
風呂から出ても「熱い!」
周りの岩も「熱い!」

大山高原に吹く微風でクールダウンしていた体も台無しになったのである。

今日は鳥取へ
第2回大山高原クロスカントリー大会へ出場してきました。

とりあえずエントリーした東京マラソンに向けてのトレーニングとモチベーションを上げるためのレースでもあるのですが、
なんと言っても爽やかな風が吹く夏の大山高原を走ってみたかったのである。
ま、半分以上は観光気分ですか.....

クロカンコースとしては全国屈指の高低差とアナウンスしてましたが、
高低差38m 2kのコースを3周します。

開会式のあいだ軽〜くウオーミングUp

スタートラインに並んだ時、
いち早くスタートラインの前方に場所取りする高校生ランナー、
周りを見わたすと、
ちょっと遊びで出たろかいな的な人は殆どおらず
そこはヤル気満々のランナーばかりでした。

「パアン〜!!」とスタートの号砲で一斉に飛び出す高校生ランナー、
それに続くヤル気満々ランナー、
いきなりのハイペースか?
ズルズルと後方に後退
後ろには数名しかいない

50mほど下りそこから一気にスキー場のゲレンデを駆け上がる。
心臓が口から出そうになり手で押し込む(ウソ)


クロカン1 変なオヤジに感化され人生初のレースへ意気揚々のタスケ君







クロカン2 朝4時起でまだ寝てます(笑)







クロカン3 私たちは開会式を横目にウオーミングUP、
で既にあっぷあっぷです。








クロカン4 冬場は超初心者コースの豪円山スキー場、
しかし今日は地獄坂







クロカン5 大山で夏合宿に来ている高校生がトップ集団を構成
なかでも西脇工業は群をぬいていた。
ちなみに私たち3名は2周目に周回遅れに(T_T)







クロカン6 たった6kのレースですが、
走り終わった後の爽快感はたまりません

皆さんお疲れ様でした。
次は小豆島タートルマラソン・ハーフ?へ向けて

仕事3







夏にこんな話をするのは何だけど、
昨年度の冬は記録的な暖冬だった!

と言う事は、
今年度、手袋業界は注文が激減して冷え冷えで嘆きの声が聞こえてくる。

ご多分に漏れず、うちも発注数が減った部分もあったりする。
ま、
私としては、OEM商品は減らしていこうと言う考えなので焦りもありませんが、

でも、
やっとウインター用グローブのフル生産にかかれた様な感じでして、
これから、たったの三ヶ月で仕上げないといけませぬ。

ほんまに納期短いんだから....┐( -"-)┌ ヤレヤレ


粟島1粟島2粟島3








粟島4粟島5粟島6








台風4号が過ぎ去った後、庄内半島沖に浮かぶ粟島へ行って来ました。
周囲16.5k
人口375人(2006.5.1)

たった2kの沖合いに浮かぶ島だけど、
なんとなく時間が止まったようなレトロ感がいいです。

何事もなく台風は通過いたしました。

思っていたより風も雨の強くなく、
さすが少雨国香川だと.....

で、
この台風で香川の渇水問題は一気に解消となりました。
皮肉なものです。

しかし、7月にして早くも台風襲来とは、
「ひょっとして今年は台風の当たり年?」
なんて嫌な思いがよぎりますが、
そんなのは的中しないでほしいですね。

さあ、明日海の日は漕ぎに行けるか〜

いやー
来てますねぇ〜
台風4号

私の住む香川では台風被害と言うのは少ない方ですが、
香川にも多大なる被害をもたらした2004年の23号台風と殆ど同じコースだとか....

もう、すでに軒の波板のネジが飛んでバタバタいってます。
台風本体が近づけば、飛んでしまう事必至!
もう!どうにでもなれて感じですかねぇ

四国には今晩夜中に再接近のようですが、
ちょうどその時間帯、大潮の満潮をむかえます。
潮位はなんと260cm
ヤバイです
前の時も高潮で高松の低い地域は甚大な被害が出ました。
その辺は既に学習しているから大丈夫でしょうが、
押し寄せる高潮は止めることは出来ません。

ま、被害の出ない事を祈るばかりです。

さてさて、私も台風に備え艇の避難を
ハッキリいって邪魔です(^_^;)

あ〜波板バキバキ言ってますぅ〜



カヤック4