手袋職人ブログ

新作です。

まずまずの出来かと....

◆商品仕様◆

手袋部:純白素上げ牛皮革 甲側ナイロントリコット裏打ち
    裾部にはブレス取付けのマジックテープ縫付け

ブレスリング:エナメル調高級合成皮革貼り合わせ
       マジックテープにてアジャスト出来ます

お問合せは
 手袋職人natt@m31.sanuki.ne.jpまでお気軽にご連絡下さい。


デカレンジャー

雨上がりの蒸し暑い中、4勝1敗1分で向かえた第7節

昼過ぎ仲間が待つピッチへ向かう
皆40を越えたオヤジ、この時ばかりは少年のようにボールを追う

さー!
果たして今日の調子は

やってみるまで分からないその日の調子
前節は寝不足から動きが全然ダメだった

今日は自宅周りをUPを兼ねて4kのラン
どうも今一体が重いぞ?

3時キックオフ
なんと、FW二人のワンツー壁パスで開始15秒でゴール!!

その後は一進一退、殆んど互角

1−0で向かえた後半、コーナーキックから相手DFのオウンゴール(ラッキー)

後に、フリーキックで1点ゆするも
2−1で辛勝

私といえば、今日は思いのほか快調

運動量でチームに貢献したかな?!

サッカー

「もう少し価格を抑えてください!」と言うオーダーにお答えして

ハリケンブルーの簡易版作りました

まずまずかな〜?

どおですかー

ご意見お願いします

各種スペシャルオーダーは手袋職人natt@m31.sanuki.ne.jpまで

ハリケンブルー

ブログの投稿している場合じゃないけど

本日、出荷予定の商品は完璧に納期遅れとなりました。

3品番あるのだけど、1品番は一つも出来ていません(T_T)

と言うのも、支給の生地がまだ入荷していません。

メーカーさん早くして下さい。後々の納期に響いてきます。

とうぜん、手袋職人の仕事にも影響がでます。

オークション等でお問い合わせ頂いている方には、

若干ですが製作に時間を要するようになると思われます。

出来るだけ早めに対処はしていきますので、ご無理を言いますがご了承下さい。

私の知る限り手袋の製造は、中国・ベトナム・スリランカ・韓国このあたりで殆んど出来ているでしょうね。
特に、中国は飛出しています。近いし、なんたって安い労働力が豊富にあります。

現在は中国での製造場所は上海などの沿岸部ですが、ここ最近の物価上昇により沿岸部から奥地に製造地を移している会社もあります。最後は地の果てまで追いかけていくのか??



上海ニッキー

ちょっと自己ねたですが

ここ最近いろいろありで大手を振って漕ぎ漕ぎには行きにくかったのですが

自分が主催したカヌー教室に託け、久々に出かけることが出来ました。

いったん出かけると、音沙汰もない私

奥さんには「電話ぐらいしろよ」とお怒りの言葉を頂くこと数知れず

昨日も早朝から夕方まで、携帯の着暦を見る事もなく遊び呆けてしまいました。(反省)

でも、この遊びが仕事に繋がるよなお話が最近あり、益々漕ぎ漕ぎにも力が入りそうな予感です。(またまた反省か?)

津田シーカヤック

先日、香川の東部に位置する東かがわ市(旧白鳥町・大内町・引田町)は全国の90%を占める手袋の産地なんて書いたが、生産は90%以上が工賃の安い中国などであり、今では国内生産出来るところは数少なくなってしまった。
最後には消滅してしまうであろう。

何故こうなってしまったのか?
私が思うに、手袋の業界の体質が悪い!悪すぎる!
手袋を作るのはそれなりの技術が必要で誰にも出来ないのに、それも香川の一部でしか出来ないのに、安い賃金も求め海外へ生産拠点を移し大量生産→不況→在庫過多→投売り→手袋の価格暴落
今では、手袋と言う存在価値は著しく下がり手袋は安い物と位置付けられてしまった。

各メーカーが寄り集まり組織した日本○○工業組合なんていうのがあるが、
「手袋の技術を守り手袋の知名度をUPしよう」なんて表向きは言っているが、裏では人の揚げ足を取るべく安売り合戦のおバカの集まりである。

春先、U社という業界では老舗と言われたところが倒産した。
なんとU社は数年にわたり中国製品を日本製と偽り販売していた。
それも、made in Chinaのラベルをmade in Japanに取り替える仕事を刑務所に出していたのだ〜
それが内部告白で問題が発覚、信用丸潰れで倒産と相成ったのだけど、その時○○工業組合の組合長がTVインタビューで「他社ではそのような事は一斉していません、調べる必要もありません」なんて言ってたけど、業界では当たり前の行為なのである。と言っても一部ですから全て全般でないので、誤解のないようにお願いします。

いやー少し怖すぎる話をし過ぎました。ますます手袋の知名度が落ちました〜
 
                                  つづく