手袋職人ブログ

IPM
インターナショナル・ポスタル・マネーオーダー
国際郵便小切手とも言う

そのIPMが今日届いた。
ありがたいことに、リピーターもひとりひとり増えてきているが、
その一人、USAのE.RさんからIPMが送られてきた。

最初の時は戸惑ったが、
これが簡単。
郵便局へ行けば直ぐに換金してくれるのである。

今回のオーダーは、マジレッド・ジュウレンジャー・ライダー1号タイプの3双。

USAでは日本のアニメが人気だったりして、コスプレもされる方が結構いるのだろうか?
それにしても、E.Rさんがどんな人かとても気になる。

PS:ちなみに、E.Rさん日本語話せます。もちろんメールも日本語。

IPM

手袋職人いつもいつもライダーとか戦隊の手袋を作っているわけではなくて普通の仕事もしております。
ウィンターのライディンググローブやけど、これまた納期がタイトで半分でもお願いしますと言うので、どうに今日半分だけ出荷出来ました。

このあともウィンドサーフィンやらシーカヤックやらスキーやら、いろんな所からちょこちょこと注文が.....

今年も残すところあと1ヶ月半
いつになれば落ち着くのやら

あ〜!そうや
今月末は次男の推薦入試で山口まで連れて行かなければ(ーー;)

ほんまに体がもう一つ欲しい!!

ライディング2

ライダーグローブはそれなりに作ってきたが、戦隊系もコアなファンがいるようで、先日またまた合間を見て戦隊のベースとなるグローブを作ってみた。

レッド イエロー ブルー ピンク サックス

製作にあたり
アトラクの本物を見ることが出来たので、シルエット的にまんま本物に近いものです。
細かい所で実物と違うところもあるが、あえてそこは真似をしていない。
ま、そこは私の作る手袋の味として受け止めて欲しい!

戦隊1

何故
わたしがライダーグローブを作るようになったか

一昨年より一つの可能性を見るけるべくヤフオクへの出品を始めました。
最初は、在庫の手袋とかを出していたのですが、去年の9月始め頃に出品していた作業用皮手袋のQ&Aで「仮面ライダー用に着色して使いたいのですがどうでしょうか?」と言う問い合わせがあったのが事の始まりです。

仮面ライダー?コスプレ?
全く無知なわたしは、とりあえずオークションで検索かけました。
すると手袋あるじゃないですか、その出している方の履歴を見るとそれなりに売れていました。
たぶん、いまも出品していると思いますが、台湾製か中国製か知らないがこんな手袋が売れるのかとビックリ(@_@;)

それで、雑誌などを参考にシルバーの合成皮革でライダー1号の手袋を作ったのが最初です。

それから、たった1年ちょっとですが

数多くの人からご愛顧いただける様になったことは、作り手としてとても嬉しい限りです。
今後益々のレベルUP目指して行きますので乞うご期待を.....

今日仕事の合間で555の試作品を作ってみた。

以前、試作で作ったショートタイプの555のグローブにシャーリング模様のアーム部分を付けてみた。
ブレスリングはデカレンジャーのを流用しているが、全体のバランスを見ることが出来、本番ではバッチリの物が出来るであろう。

本来、手袋というものは大きさが大体決まっている物だから、数ミリ大きさが違うと全体バランスが悪くなる物である。
当たり前の事だけど、手間暇惜しむようでは良いものは出来ないと言う事やね。

555a

母親の命日となった10日に、VIBES主催のハーレーバイカーの全国集会

第13回 バイブズミーティングへ行って来た。

昨年、オークションを通じて知り合った倉敷のバイカーT氏が、
主催者のハーレーダビッドソンライフマガジン「VIBES」発行人の 只野 利浩さんを紹介して頂く、私としては是非とも行っておきたい大事なお誘いであった。

前日の母親の病状からして微妙だなと思っていたが、気持ちが通じたのか私をミーティングに行かせてくれた。
ミーティングでは只野さんと会うこともでき、私のディアスキングローブを取り上げて頂けそうな話になった事は、母親に感謝しなくてはならないだろう。

バイブズミーティング

十月十日 午後八時四十五分
一人の職人が永遠の地へ旅立って逝った。

病気発覚からちょうど1年

「骨髄異型性症候群」

聞きなれない病名に本人家族ともに戸惑いの1年であった。
特に彼女の心中を察すると計り知れないほどの辛い日々であっただろう。

約40年前
彼女は生きていくために、手袋縫製という道を選んだ。
丁度その時は、輸出景気に業界が沸いてた頃で一般サラリーマンの何倍もの収入があったそうだ。

それから手袋一筋に約40年
仕事仕事の一生で終わった人生であったように私は思う。
病床でも私の仕事を最後まで気遣っていた彼女であった。

もう、ミシン向かう彼女の姿を見ることは出来ないが
その意思は私がしっかりと受け継いで行こうと思う。

おかん
今までご苦労様でした。

--------------------------------------------------------------------------
というような事情で、ブログの更新もままなりませんでした。
また、オークション等のネット関連の商品も自粛していました。
この期間、ご迷惑をおかけしたことお詫び申し上げます。
この後
新しい気持ちで一から構築していきますので、相も変らぬお引き立てよろしくお願いいたします。